2015年9月18日金曜日

cocos2d-x Spineのサンプルアニメーションが動かないのでランタイムを最新に更新する

どうも、俺です。

cocos2d-x v2.2.6でSpine v2.1.27(Essential)に梱包されているサンプルアニメーション(iOS版)が動かなかったので、
Spine-runtimeをマニュアル通り、最新verに更新したらcocos2d-xがエラーだらけになり、
四苦八苦しながら何とか動かせるようにまでにした時のメモ。


■Spineがexportする.atlasファイルが読み込めない問題
まず、自分で簡単なアニメーションを作成しSpineでエクスポートしたファイルを
cocos2d-xで動かそうとすると
、この問題にぶち当たります。

これは、出力された.atlasファイルを修正すると直ります。


上の画像にある
size: xxx, xxx
という1行を削除すればOKです。

または、このあと行うSpineのランタイムを更新すると直ります。


■Spineのランタイムを更新する問題
githubからランタイムをDLしてきます。
/spine-runtimes

更新に必要なファイルは
spine-c/以下 と
spine-cocos2dx/2/以下 のファイルだけです。
READMEにある通り、上のファイル群をcocos2d-xのextensions/フォルダ以下へコピーします。


元からあるextensions/spineフォルダは別名でバックアップしておきます。
githubからDLしたファイルすべてをまた
extensions/spineというフォルダに入れます。

READMEによるとこれで動くぜ、とのことです。


動きません。
なぜなら、Xcodeには前の古いファイルがまだ紐付けられているからです。


ここを正しくします。

やり方は色々ありますが、僕の場合は面倒なので
まずディレクトリーツリーからspine/をRemove Referencesしてから、

DLしてきたextensions/spineフォルダをXcodeへドラッグ&ドロップします。


ここでビルドしますが、まだまだ動きません。


No type named 'function' in namespace 'std'
といったエラーが出ます。

これは新しいSpine-runtime内のソースファイルの一部が
C++11の規格によって記述されているから。

cocos2d-x v3系であれば問題ない(?)のかもしれませんが、v2系ではだめです。
Xcode側でC++11を使えるようにします。



TARGETSのBuild Settings内にある「Apple LLVM 6.1 - Language - C++」という箇所の
・C++ Language Dialectを「C++11 [-std=c++11]」に
・C++ Standard Libraryを「libc++(LLVM C++ standard library with C++11 support)」
に変更します。

同様にcocos2d-xプロジェクト側のBuild Settingsも上に合わせます。



次にクラス名とメソッドを変更します。

// CCSkeletonAnimation *animation = CCSkeletonAnimation::createWithFile("test.json", "test.atlas");
spine::SkeletonAnimation *animation = spine::SkeletonAnimation::createWithFile("test.json", "test.atlas", 1.0f);

// animation->setAnimation("walk", true);
animation->setAnimation(0, "walk", true);

this->addChild(animation);

こうなります。

あとはプロジェクトを一旦Cleanしてからビルドすると動くと思います。

それでもまだエラーが出る場合は、
プロジェクト名>Build Phases>Compile Sources
に古いspine/以下のソースファイルが赤く表示されているかも知れません。
その場合はそれらを消してもう一度試してみてください。


※※注意※※
もし別のプロジェクトに手を付ける場合、
spine/フォルダや、C++11コンパイラオプションの変更などを元に戻して下さい。

もう、cocos2d-x v3系にしないとな。。。


以上でぇぇぇぇす。

2015年9月4日金曜日

[Xcode] コマンドラインからipaファイルをエクスポートする

どうも、俺です。

 今日は、アーカイブされたiOSアプリをコマンドラインから.ipaファイルをビルドする方法をメモ。


いつも通りProduct>Archiveします。




オーガナイザーが起動するので、対象のビルドされたアプリを選択しCtrl押しながらクリックし「Show in Finder」を選択。




Finderが起動するので、ファイルのパスとファイル名をメモ。




次に、XcodeのBuild Settings>Code Signingからビルドに使用するプロビジョニングプロファイルの名称(通称?)をメモ。




今回の場合、Releaseビルドをしようと思うので「KabekeriSasuke3_AppStore」をメモ。


あとはビルドコマンドを打ち込むだけ。

xcodebuild -exportArchive -archivePath '.xcarchiveファイルのパス' -exportPath '出力先のファイルパス' -exportFormat ipa -exportProvisioningProfile 'プロビジョニングプロファイルの名称'

なので、今回の場合はこうなります。
xcodebuild -exportArchive -archivePath '/Users/USER_NAME/Library/Developer/Xcode/Archives/2015-09-04/Sasuke3 2015-09-04 16.07.xarchive' -exportPath '/Users/USER_NAME/Desktop/Sasuke3App' -exportFormat ipa -exportProvisioningProfile 'KabekeriSasuke3_AppStore'

こうするとDesktop上にSasuke3App.ipaファイルが出来上がります。


なぜこのような面倒なことをするのか、と言うと理由は2つ。
1つは、例えば受託案件でクライアント所有の証明書やプロビジョニングプロファイルでビルドする際、先方のiTunesConnectのアカウント情報を知らないとXcodeからDistributionビルドできません。
そういう場合に、上の方法でビルドします。

もう1つは、自社アプリをAdHocビルドしようとしたときに、オーガナイザで選択するプロビジョニングプロファイルが「XC Ad Hoc: xxxx〜....」というファイルしか選択できないときがあります。(ありました。)
なぜそうなってしまうのか未だ原因は分かっていませんし、そのプロビジョニングプロファイルでもビルド出来るのですが、
何かしっくりこないので、そういう場合にコマンドラインからビルドしました。

XC Ad Hoc: 〜プロビジョニングプロファイルについて何か知っている方いらっしゃったら教えてください〜m(__)m

以上でぇえぇぇす。

PostgreSQLでスキーマ(テーブル定義)を取得する方法

どうも、俺です。

 PostgreSQLでターミナル上からスキーマ情報を取得したい場合。
$ pg_dump --schema-only DATABASE_NAME > schema.sql



以上でぇぇぇぇす。

2015年9月2日水曜日

Apache(2.4系)のソースインストールで "checking for OpenSSL version >= 0.9.8a... FAILED"が出る

どうも、俺です。

Apacheをソースインストールするときにつまづいたのでメモ。
./configureした際に

checking for OpenSSL version >= 0.9.8a... FAILED
configure: WARNING: OpenSSL version is too old
no
checking whether to enable mod_ssl... configure: error: mod_ssl has been requested but can not be built due to prerequisite failures

が出ちゃった場合。

# yum install openssl-devel

で解決!

※僕の場合、CentOS6.7 Apache 2.4.12でした。

以上でぇぇぇぇす。

amazon