2016年4月8日金曜日

[cocos2d-x] 究極マインスイーパー開発しました

どうも、俺です。
cocos2d-x(v2.2.6)で「究極マインスイーパー」というアプリを開発しました。






cocos2d-x v2.2.6で開発するアプリはこれが最後になると思います。
これからはv3系です。

マインスイーパーを開発しよう!と決まってから
ネットでマインスイーパーについて調べてると、
どうやら「マインスイーパー2000」というのがとても難しい、という情報をゲット。
この「マニア」というモードを選択すると、
マスサイズ ... 68x48
爆弾 ... 777個
という難易度だという。。

今回開発した究極マインスイーパーは、最後のLV1000まで進むと、
マスサイズ ... 100x100
爆弾 ... 2594個(だったと思う)
です。

安心してください。
LV1から始められるのでいきなりそんな激ムズではありません。

ただし、これだけほど大きなステージだと、「」でゲームを進めなければならない場面に遭遇します。
そうです、マインスイーパーはたまに運に左右されるゲームなのです。

それを解消するため、究極マインスイーパーでは「虫メガネ」というアイテムを考えました。


虫メガネを使えば、まだ開けていないマスを透かしてみる事ができます。
また、
コンティニューや自動保存機能も実装したので、
タップミスで終わってしまったり、電話が鳴ってゲームが終了してしまっても安心の親切設計。

恐らく地球上最ムズのマインスイーパーだと思います。

・iOS
 https://itunes.apple.com/jp/app/ultimate-minesweeper-challenge/id1093416456?mt=8
・Android
 https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.marge.android.minesweeper
・プレイ動画
 https://www.youtube.com/watch?v=Jfl6GP-PADI









以上でぇぇぇぇぇす。

2016年4月7日木曜日

[cocos2d-x] 'stop' is not a member of 'std'が出て困ったとき

どうも、俺です。
最近更新がマメです。

  • cocos2d-x v3.10
  • android-idk-r10e

を使用。

表題の件。
Android側をビルドしようとして、
'stoi' is not a member of 'std'
のエラーが出てしまい困っちんぐな場合の対応方法をメモ。

Android-NDKが std::stoi に対応していないのが原因だそうです。

        int number;
#if CC_TARGET_PLATFORM != CC_PLATFORM_ANDROID
        number = std::stoi("xxxxxxxxfugafuga");
#else
        number = atoi("xxxxxxxxfugafuga");
#endif

こんな感じOK。

以上でぇぇぇぇぇす。

2016年4月5日火曜日

cocos2d-xで画像がちらつく

どうも、俺です。

cocos2d-xで開発してて画像を連続で表示させた時などにチラついてしまう現象をなんとかしましょう。
Director::getInstance()->setDepthTest(false);
Director::getInstance()->setProjection(Director::Projection::_2D);

これを、AppDelegate::applicationDidFinishLaunching()に記述しておけばOKです。
TiledMapで画像がチラつく場合もこの対応でなんとかなるはずです。

以上でぇぇぇぇぇす。

amazon